重量埋込みバーコードをスキャンする方法

トピック

このオプションでは、商品のSKUとその重量を含むバーコードをスキャンすることができます。このようなバーコードをスキャンすると、商品は自動的に指示された重量(数量)でレシートに追加されます。このシステムでは、EAN 13 または UPC-A のフォーマットで重量埋め込みバーコードを使用することができます。

この機能を使用するには、バックオフィスにログインし、左メニューバーの「設定」アイコンをクリックして「機能」に移動します。

「機能」セクションで、「重量埋込みバーコード」のスイッチをオンにし「保存」ボタンをクリックします。

「重量埋込みバーコード」のスイッチをオンにし

POSでは端末カメラやバーコードリーダーを使って、重量埋込みバーコードをスキャンすることで商品を販売することができます。


重量埋込みバーコードは、以下のパターンにしたがって設定してください。

YYCCCCCWWWWWX
YY - 重量埋込みバーコードであることをシステムが判断する記号です。EAN 13 の場合は '20' または '02'、UPC-A の場合は '2' を印刷してください。
CCCCC - 商品SKUを表します。「10010」や「00010」のように、5桁の数字である必要があります。
WWWWW - 商品の重量(数量)をグラム単位で表示します。例:01750 = 1.750 kg
X - チェックデジット

重量埋込みバーコードの例

EAN 13 バーコード

UPC-A バーコード

注:商品は「重量で販売」に設定されている必要があります。その設定がされていない場合、重量埋込みバーコードをスキャンする際にエラーメッセージが表示されます。

商品は「重量で販売

 

こちらも参照してください

バーコード スキャナーで商品を販売する

重量販売をする