箱単位で商品を注文し(箱買い)、包装単位(個別)で販売する方法

トピック

このページでは、箱単位での仕入れと、商品単位での販売方法を説明します。

箱単位に対応する商品を発注し、受け取った後は商品を分解することができるので、その商品を個別包装で販売し、在庫を管理することができます。

バックオフィスの商品一覧に移動します。販売用と箱単位での発注用の2つの商品を作成する必要があります。

まず、個別包装で販売する商品を用意します。ここでは、「水500ml」というアイテムを作成するとします。原価を入力し、在庫管理をONに設定するのを忘れないでください。

個ごとの販売アイテム

そして、箱単位での発注用のセット販売商品を作成します。箱単位で販売するつもりがないのであれば、販売画面では非表示にすることができます。「水500ml、25本」という商品を作ってみましょう。

ボックス注文の複合アイテム

在庫管理ブロックで、この商品をセット販売商品に設定し、オプション「生産機能を使用する」をオンにします。

セット販売商品「水500ml」を選択し、1箱分の量を設定します。ここでは、1つの箱に25本の水が入っているとします。

在庫設定

変更を保存することを忘れないでください。

これで、この商品を箱単位で発注できるようになりました。発注書を作成し、箱単位の商品を選択します。

箱の「数量」と「購入金額」を記入します。そして、発注書を作成します。

注文書を作成する

受け取りをすると、箱単位の商品の在庫が更新されます。

アイテムを受け取る

その後、箱単位の商品を「復元」します。

「復元」をクリックし箱単位の商品を選択したあと、受け取った箱の数量を入力します。

分解を作成する

この操作によって「水500ml」の在庫が更新されます。

更新された在庫

 

以下も参照してください。

発注書とサプライヤーとの連携方法

プロダクションでの作業方法