レポートデータをエクスポートし、LibreOffice Calc や OpenOffice Calcで開く

トピック

バックオフィスの「レポート」セクションでレポートを選択してください。たとえば、「カテゴリー別売上」を表示してみます。

カテゴリー別売上1

 

必要な期間を選択したら、「エクスポート」ボタンを押します。

エクスポートボタン2

 

ファイル名を入力してください。バックオフィスから CSV 形式のデータがエクスポートされます。コンピュータにファイルが保存されます。

 

次に、LibreOffice Calc(またはOpenOffice Calc)を使ってファイルを開く必要があります。

LibreOffice Calc

LibreOffice Calcで、「ファイルを開く...」(CTRL + O)を選択し、CSVファイルを選択してください。

「テキストのインポート」ウィンドウが表示されます。ファイルを開くための正しいオプションを設定する必要があります。

「テキストのインポート」ウィンド

 

文字エンコーディングのドロップダウンメニューから、Unicode (UTF-8) を選択してください。

区切り文字オ​​プションで、「区切り記号」を選択し、「コンマ」のチェックボックスを選択してください。

「コンマ」のチェックボックスを選択し

 

正しいオプションを設定すると、プレビューウィンドウにデータの入った表が表示されます。

正しいオプションを設定すると

 

ファイルを開くには 「OK」ボタンをクリックします。

その結果、エクスポートされた売上レポートをカテゴリー別に開いたことになります。

エクスポートされた売上レポート

 

 

こちらもご参照ください:

Google シートで CSV ファイルを開く