商品バリエーションの登録

この機能は現在iOS端末でのみご利用いただけます。 まもなくAndroid端末でも利用できるようになります。

バリエーションの機能を使用すれば、商品のリストを圧縮して、商品の作成や管理を簡素化できます。この機能は、商品に異なるサイズや色などの複数の型がある場合に便利なツールです。

1.バリエーションの作成と設定

バックオフィスの「商品一覧」に進みます。

Items list section

既存の商品を開いて編集するか、新しい商品を作成します。「バリエーション」セクションで「バリエーションを追加」ボタンをクリックします。

‘Add variants’ button in ‘Variants’ section


左側の項目にオプション名を入力し、右側の項目にこのオプションのバリエーションを入力します。各バリエーション名の後にキーボードのボタンを押して入力を確定します。

variants for the option


必要に応じて「オプションを追加」ボタンをクリックして別のオプションを作成します。 各商品に最大3つの異なるオプションを作成できます。 編集の保存を忘れないでください。

creating options with variants

システムは、すべてのバリエーションの組み合わせを生成します。 1つの商品に可能な組み合わせは最大200個に制限されています。
各バリエーションの価格と原価は、親商品から自動的に取得されます。 SKUも自動的に生成されます。
各バリエーションについて、価格、原価、SKU、およびバーコードをすべて手動で修正することも可能です。

list of all the possible variants of the item

 

複数の店舗をお持ちの場合は、各店舗ごとに価格、在庫数、低在庫数を設定できます。

Variants in the Stores section

変更の保存を忘れないでください。

商品一覧にその商品の各バリエーションが表示されます。

the item with variants in the item list

 

2.バリエーションの販売とレポート

端末のPOSレジアプリで販売をする際、バリエーションを持つ商品を選択するとダイアログボックスが開きます。適当なバリエーションを選択して「OK」をクリックします。

Variants in the dialog box during sale
 

選択したバリエーションの商品が伝票に表示されます。

item with variant at the ticket


その後、通常と同じ手順を実行します。

バリエーションの売上は、バックオフィス→「レポート」→「商品別売上」セクションで確認できます。

Variants at the ‘Sales by item’ report

 

3.バリエーションのインポート・エクスポート

商品バリエーションの作成はバックオフィスからおこなった方が簡単です。しかし、ファイルを使って商品情報をインポートすることも可能です
一般的なインポート/エクスポート機能と同じ手順ですが、注意点がいくつかあります。

商品バリエーションをエクスポートし、CSVファイルを開きます。

items with variants opened as CSV file

エクスポートファイルのバリエーションの組み合わせは、独自のSKUを持つ別個の商品として表示されます。

「ハンドル」列は、同じ商品の全バリエーションで同じにする必要があります。

最初の商品バリエーションの項目のみが値を持ちます。 同じ商品下の全バリエーションに共通の欄は空白のままにしておきます。同じ値を入力してもよいですが、値が異なる場合はインポート時にエラーメッセージが表示されます。

「オプション名」と「オプション値」にはそれぞれ3つの列があります。 商品バリエーションのオプション数が3種類に満たない場合、その分の列は空白のまま残しておきます。

注:バリエーションを持たない商品の場合は、ファイルの「ハンドル」 列を空白のままにしてください。この場合、システムが自動的にその商品のハンドルを生成します。