端数処理の使い方

トピック

日本国内では、本機能の使用を推奨しておりません。
ご利用を希望する場合は、税理士などにご相談ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

端数処理では、現金取引で支払う金額を、指定されたルールに基づいて丸めます。他の方法(クレジットカードなど)で支払われる取引は四捨五入されません。

一部の国では、小売業者の裁量で端数処理が許可されています(小銭を減らそうとしている場合など)。端数処理は税額に影響しません。

バックオフィスにログインし、設定 → 決済方法へと進んでください。「決済方法を追加」 をクリックし、「現金」をクリックします。

現金セクション

 

端数処理の編集フォームが開きます。

編集フォーム

 

ドロップダウンリストから丸め間隔を選択できます。 小数点以下の通貨の国:0.01,0.05,0.10,0.50,1.00。小数点なしの国:1、5、10、50、100。

間隔の選択

 

既定の0.01以外の値(小数点のない国では1)を設定すると、ドロップダウンリストから「端数処理ルール」を選択できます。 0.01または1の間隔を選択した場合、端数処理ルールを選択することはできません。

切り下げ、切り上げ

 

デフォルトでは、「5 以上を切り上げ」というルールが選択されていますが、次のものを選択することもできます。

  • 5 以上を切り下げ
  • 常に切り上げ
  • 常に切り下げ
  • 一番近い値に調節

選択した端数処理ルールの説明が表示されます。

調節方法

 

変更の保存を忘れないでください。

 

POSでの販売中に、お預かり金額入力の画面に端数処理された金額が表示されます。

the rounded amount in the ‘Cash received’ field

 

お預かりの金額を入力して「支払う」をタップすると、次の画面で端数処理を考慮したお釣りが表示されます。

the change in the final screen

 

領収書には、端数処理についての情報が含まれています。

receipt with information about rounding

 

バックオフィスのレジ精算レポートに端数処理に関する情報が表示されます。また、支払種類別売上レポートにも端数処理の情報が表示されます。

端数処理レポート