キャッシュドロワーを接続する

キャッシュドロワーをレシートプリンターに接続し、販売時に自動的に開くようにさせます。

レシートプリンターのほとんどは、通常は RJ11 タイプの特別なキャッシュドロアコネクターを備えています。レシートプリンターとキャッシュドロワーのマニュアルを参照して、互換性があることを確認してください。両方に互換性があり、なおかつLoyverse POSでサポートされているレシートプリンターであれば、Loyverse POSでもそのキャッシュドロワーを使用できます。

キャッシュドロワーを接続する前に、Loyverse POS アプリの「設定」に進み、プリンターを Loyverse POS とペアリングする必要があります。

レシートプリンターにあるキャッシュドロワーへの差込口を探してください。

レシートプリンタにあるキャッシュドロアへの差込口を探してください  キャッシュドロアー

 

キャッシュドロワーケーブルを差込口に差し込みます。

キャッシュドロアケーブルを差込口に差し込みます

 

プリンターの電源をオンにし、Loyverse POS アプリを使用して販売作業をおこないます。取引が完了するとキャッシュドロワーが開くようになります。

取引が完了するとキャッシュドロアが開くようになります

 

次の場合にもキャッシュドロワーが開きます。

  • 現金払い戻し時、及び払い戻しレシートの印刷時
  • 従業員が会計を開始する際に最初の現金額を入力した時
  • 従業員が会計を閉じる際に最終的な現金額を計算する時
  • キャッシュドロワーに現金を出し入れするために実行される「入金」および「出金」アクションの時
  • 「テスト印刷」オプションを使用して、Loyverse POSアプリとプリンターの接続をテストする時

注意:現金引き出しAPG:Vasario 1416とVasario 1616は、ケーブルCD 102 Aのみを使用してレシートプリンターと接続する必要があります。

決済をせずキャッシュドロワーを開ける方法

販売をしていなくとも従業員のキャッシュドロワーを開く権利を設定することができます。 バックオフィスの「従業員」セクションの「アクセス権限」メニューに移動し、グループを開いて編集します。 「POSレジ」セクションにある「決済をせずにキャッシュドロワーを開ける」チェックボックスをオンにします。

販売せずにキャッシュドロワーを開く

保存を忘れないでください。

あなたのPOSのセール画面にある3つのドット(⋮)メニューで、「キャッシュドロワーを開く」ボタンを見つけることができます。

キャッシュドロワーを開く

注意:「レシートや伝票を印刷する」オプションを有効に設定したプリンターが少なくとも1台接続している場合にのみ、「ドロワーを開く」ボタンが表示されます。

 

こちらもご参照ください

対応しているキャッシュドロワーの要件

Loyverse POSでイーサネットプリンタを設定する方法