オーダータイプごとに税率を設定する方法(軽減税率)

一部の国では、税率が食事のオーダータイプによって異なります。日本でも2019年10月から店内飲食の場合は税率10%、テイクアウトの場合の税率は8%になる予定です(軽減税率)。

 

バックオフィスのオーダータイプ設定が有効であることを確認してください。

バックオフィスの「設定」から「税」セクションに移動してください。編集する税を選択します。

税率

 

「オーダータイプに応じた税率の適用」をオンにします。 オーダータイプの設定が有効になっていることを確認してください。

 

税金が免除されるオーダータイプを選択するには、「編集」ボタンをクリックします。

たとえば、「店内」にのみ税金を適用する場合は、「テイクアウト」と「宅配」のタイプを選択します。

 

変更を保存することを忘れないでください。

税金が免除される商品を選択するには、「編集」ボタンをクリックします。

 

選択された商品、カテゴリーは税の適用外になります。

変更を保存することを忘れないでください。

 

税の適用範囲を設定すると、各項目の下に対象外となる商品の数、オーダータイプが表示されます。「保存」をクリックして変更を保存してください。

 

複数の店舗が存在する場合は、店舗ごとに税の適用範囲を設定できます。

 

アイテム編集画面で、税が適用されるオーダータイプについての情報が表示されます。

販売時には、オーダータイプの設定に従って伝票内の商品に税金が適用されます。レジ係が手動で設定する必要はありません。

 

 

:レジ係は、販売中に商品への税の適用を手動で変更することができます。この変更はその伝票の商品にのみ適用されます。