キッチンベルを接続する方法

注文が印刷されることをスタッフに知らせるため、ベル(ブザー)をキッチンプリンターに接続することができます。

 

レシートプリンタのほとんどは、通常は RJ11 タイプの特別なキャッシュドロアコネクタを備えています。キッチンプリンタとベル(ブザー)のマニュアルを参照して、互換性があることを確認してください。両方に互換性があり、なおかつLoyverse POSでサポートされているキッチンプリンタであれば、Loyverse POSでもそのベル(ブザー)を使用できます。

 

ベルを接続する前に、キッチンプリンターがLoyverse POSに接続されていることを確認してください。また、バックオフィスで「キッチンプリンタを利用する」オプションがONになっていること、プリンターグループが適切に設定されていることを確認してください。

 

POSのプリンター設定画面から、「注文を印刷」をONにしてプリンターグループを追加します。

:プリンターを「レシートと伝票を印刷」「注文を印刷」の両方で使用している場合は、RJ11ソケットはキャッシュドロワを開けるために使用され、ベルを鳴らしません。

「レシートと伝票を印刷」「注文を印刷」

 

レシートプリンタにあるRJ11の差込口を探してください。

RJ11

 

ベルのケーブルを差込口に差し込みます。

ベルのケーブル

 

プリンターの電源を入れ、「テスト印刷」をタップしてベルが正しく設定されていることを確認してください。

テスト印刷

 

キッチンベルはテストオーダーが印刷される前に鳴ります。

キッチンベル

 

設定が完了したら、キッチンに注文が印刷されるたびにキッチンベル(ブザー)が鳴ります。

また、プリント注文がキャンセルされるとベル(ブザー)が鳴ります。