定型伝票を利用してテーブル名を事前登録する

トピック


この機能を使用すると、注文伝票名を素早く割り当てることができます。
例)テーブル1、テーブル2など

バックオフィスの注文伝票設定がONであることを確認してください。

 

1.設定

バックオフィスにログインし、設定画面で注文伝票のボタンをクリックします。
「定型伝票を利用する」オプションをONにします。

機能

 

「定型伝票を追加」ボタンで新しい注文伝票を作成できます。例)テーブル1、テーブル2など

名前

変更を保存することを忘れないでください。

複数の店舗を経営している場合は、店舗ごとに定型伝票を作成できます。ドロップダウンリストから店舗を選択してください。

店舗選択

 

2.注文伝票の作成

販売中に Loyverse POS アプリで伝票を作成したとき、「保存」ボタンを押します。

伝票を作成

 

次の画面で定型伝票の一覧が表示されます。そのうち1つを選ぶと伝票がその名前で保存されます。
すでに使用されている定型伝票は表示されません。

型伝票の一覧

 

「カスタム伝票」を選択すれば、新しい名前で保存することができます。

新しい名前で保存

 

3.注文伝票の編集

保存した定型伝票を、あとから編集・分割・移動することができます。

「注文伝票」ボタンを押して使用中の注文伝票リストを表示します。

注文伝票リストを表示

 

編集する伝票をリストから選択します。 

編集する伝票をリストから選択

 

3点のメニューボタンから伝票の編集や分割などができます。

「編集」を選択

 

「伝票の編集」を選択すれば、伝票のコメントを変更したりカスタム伝票に変換できます。

伝票のコメントを変更したり新しいものに変換

 

定型伝票の分割は、通常の注文伝票と同じように動きます。(Loyverse POS で注文伝票を分割する

ただし、複数の定型伝票を統合する(Loyverse POS で複数の注文伝票を一つにまとめる)代わりに、定型伝票には「伝票の移動」オプションがあります。伝票を定型伝票やカスタム伝票に移動することができます。目的の伝票を選択したら「OK」をタップします。

 

 

こちらもご参照ください:

注文伝票を作成する
注文伝票を分割する
複数の注文伝票を一つにまとめる