注文伝票

注文伝票は、複数枚の注文を同時に処理し、それらの伝票を何度も編集することができます。この機能は通常カフェやレストランなど、注文と支払いにある程度時間の隔たりがあるときに有効です。注文伝票を利用すると、販売作業の際に複数の注文を同時に処理したり、編集したり、閉じることができます。

 

設定

バックオフィスの「設定」セクションに移動し、「注文伝票を利用する」を有効にしてください。変更を保存することを忘れないでください。

バックオフィスの「設定」セクションに移動し

 

注文伝票の作成

POSレジアプリを使って販売をしているときに、伝票の下の「保存」ボタンを押すと、注文伝票が作成されます。

オープンチケットが作成されます

 

開いたウィンドウで、伝票の名前を編集したりコメントを追加したりできます (デフォルトでは作成時の時刻が名前として自動的に反映されています) 。伝票への変更を保存する には「OK」をクリックしてください。

には「OK」をクリックしてください

 

検索と編集

注文伝票を編集したり閉じたりするには、「注文伝票」ボタンを押してください。

「オープンチケット」ボタンをクリックし

 

このメニューの中から注文伝票リストを探せます。各注文伝票には、名前、最後に編集された時刻、支払い額、その伝票を最初に作成したスタッフの名前が表示されます。

このメニューの中からオープンチケットリストが探せます

 

伝票を編集したり閉じたりするには、リストの中から特定の伝票を探してタップしてください。必要な手順をこなし、最後に「保存」か「支払い」を押してください。

伝票の名前やコメントを編集する必要がある場合は、右上隅の3つのドットを押し「伝票を編集」を押してください。

「チケットを編集」を押し

 

転送と削除

「すべての注文伝票を管理」へのアクセス権があるスタッフは、伝票を転送できます。

注文伝票の一覧を開き、転送したい伝票のチェックボックスにチェックを入れ、右上隅にある2本の矢印アイコンを押してください。

転送したいチケットのチェックボックスにチェックを入れ

 

従業員を検索して選択し、「OK」をクリックしてください。

「OK」をクリックし

 

伝票を削除するには、それを選択しゴミ箱アイコンをクリックしてください。

チケットを削除するには

 

スタッフが注文伝票を削除したり、伝票から商品を削除することを禁止したい場合は、アクセス権を制限することができます。バックオフィスのアクセス権メニューに行き、「レジ係」グループを開く/新たに作成してください。「注文伝票で保存された商品を無効にする」オプションの選択を解除してください。

 

こちらも参照してください

注文伝票の同期