レジ精算機能・キャッシュドロワー管理

トピック

 

レジ精算機能を使用するには、バックオフィスにログインして設定に進んでください。

「機能」メニューに行き、「レジ精算」をONにし、「保存」します。

レジ精算機能ON1

 

次に、Loyverse POS アプリで「レジ精算」メニューに移動してください。

次に、Loyverse POS アプリで「レジ精算」メニューに移動してください

 

会計開始時のキャッシュドロワーの現金額を指定して、「会計開始」ボタンを押してください。

「会計開始」ボタンを押してください

 

営業時間中の現金管理については、「レジ精算」メニューから「現金を入出金」ボタンをクリックしてください。

営業時間中の現金管理については、

 

例として、キャッシュドロワーに100円を入金し、その後そのキャッシュドロワーから200円を出金するという作業をするとしましょう。

お会計時以外で、キャッシュドロワーにお金を入れる場合は、「入金」ボタンをクリックします。

例として、あなたのキャッシュドロアに100円を入金し、

キャッシュドロワーからお金を引き出したい場合は、「出金」ボタンをクリックします。

お会計時以外で、

 

現金入出金の履歴はすべて、「入金」ボタンと「出金」ボタンから記録されます。

現金管理の履歴はすべて、「入金」ボタンと「出金」ボタンから記録されます。

 

営業時間が終わりレジ締めをするときは、「レジ精算」メニューに行き「会計終了」を押してください。

営業時間が終わりレジ締めをするときは、

 

レジ精算レポートが表示されます。 「予想される金額」は営業時間中に行われた販売、払い戻しおよび入出金から計算されます。 「実際の金額」を入力すると、その差額が表示されます。「会計終了」をクリックしてレジ締めを完了してください。

レジ精算レポートが表示されます。

 

レジ担当がレジ締めをしたときに「予想される金額」を隠したい場合は、アクセス権を制限することができます。バックオフィスの「アクセス権限」メニューに行き「レジ担当」グループを開くか新たに作成します。「レジ精算レポートを確認できる」オプションの選択を解除してください。

アクセス権限を編集10

変更の保存をお忘れなく。

 

その後にレジ担当がレジを締めると、実際の現金額を入力するフィールドだけが表示されます。

その後にレジ係がレジを締めると、実際の現金額を入力するフィールドだけが表示されます。

 

こちらもご参照ください:

POSレジアプリ内でユーザーアカウントを別の従業員に切り替える

バックオフィスで従業員を追加する

POSでレジ精算レポートを印刷する

POSで売上サマリーを含むレジ精算レポートを閲覧する