棚卸し機能の使い方

トピック: 

棚卸し機能は、高度な在庫管理の機能であり、登録ユーザーのみが利用できます。

棚卸し機能には以下の機能が含まれています。

  • 商品の予想される在庫数と実際の在庫数を調整する
  • 在庫の損失や余剰を見る
  • 棚卸しの記録を残す

「在庫管理」メニューの「棚卸し」セクションに移動します。

‘Inventory Count’ section in the ‘Inventory management’ menu

 

棚卸しをするためには、「+在庫を棚卸しする」をクリックします。

‘+ Add inventory count’ button

 

「棚卸しを開始」フォームが開きます。

The form ‘Create inventory count’

 

ドロップダウンリストから棚卸しを実行する店を選択します。 「メモ」フィールドにメモを付けることもできます。

stores in the drop-down list

次に、棚卸しのタイプを「一部」または「すべて」に設定します。

すべて」を選択した場合、「在庫数を追跡」が有効になっているすべてのアイテムが自動的に追加されるため、棚卸しの商品を選択する必要はありません。

Full inventory count

 

一部」を選択した場合、手動で商品を選択する必要があります。「商品を検索」フィールドで商品を1つずつリストに追加することもできますし、「カテゴリ別に追加」ボタンをクリックしてカテゴリ全体を追加することもできます。また、 「仕入先ごとに追加」ボタンをクリックして仕入先ごとに追加することもできます。

Partial inventory count

このとき、セット販売商品と在庫追跡が無効の商品は表示されません。 製品にバリエーションが含まれている場合、すべてのバリエーションが別々の行に表示されます。
選択した店舗と商品の「予想される在庫量」が列で表示されます。

棚卸し記録を作成するには「保存」ボタンをクリックし、記録を作成して棚卸しを開始するには「保存&カウント」をクリックします。

Inventory count document

 

「在庫を棚卸し」ボタンをクリックすると、棚卸しを開始できます。

the count stock

 

棚卸しは次の2つの方法で行うことができます:
1.商品を検索して、数量を指定してから、「棚卸し済に追加」をクリックします。 商品はバーコードスキャナーで追加することができます。 たとえば、10個の商品を1ブロックとして管理している場合は、1つのブロックを数えた後に数量10を入力します。
2.「実際の在庫数」列に数量を入力する。

「棚卸し済に追加」ボタンやスキャナーで、新しい商品を棚卸しに追加した場合は、黄色アイコンの注意メッセージ(「この商品はカウント予定に含まれていない商品です。」)が表示されます。削除するか続行するか選んで作業を進めてください。

item that was not part of planned count icon

画面の右側に数量変更の履歴が表示されます。 したがって、間違った入力はいつでも取り消すことができます。

データの消失を防ぐため、棚卸しは30秒ごとに自動保存されます。

「保存」ボタンを使用して棚卸しを文書に保存し、後でカウントを続けることができます。 「完了」をクリックすると、「棚卸しの確認」ウィンドウが表示されます。 カウントを終了するには、「完了」をクリックします。

 ‘Confirm inventory count’ window

その後、カウントされた商品の在庫がカウントに従って更新されます。
在庫数には、保留中、進行中、完了中の3つのステータスがあります。

Inventory counts list