高度な在庫管理とは

トピック

高度な在庫管理」は、バックオフィスに追加するオプション機能です。これにより、商品の在庫をより効率的に管理し、在庫の変動を監視し、ビジネス収益性指標をより正確に計算する仕組みを立ち上げることができます。

「高度な在庫管理」は、有料プランでのみ利用可能です。

機能のご利用登録またはお試し期間を有効にするには、バックオフィスの「設定」メニューの「請求・登録」セクションに移動します。

バックオフィスの「高度な在庫」

機能を有効にした後、バックオフィスに「在庫管理」メニューが表示されます。

「在庫管理」メニュー

「在庫管理」メニューには以下が含まれます:

発注機能 ー 注文書の作成・保存、仕入先への発注、商品受け取り、仕入先情報の保存をすることができます。

転送オーダー機能 ー 複数店舗を所有している場合、転送オーダー機能で店舗間で商品を正しく配達することができます。

在庫調整機能 ー 商品の在庫を変更し、調整の理由を示すことができます。

棚卸し ー すべてのまたは選択した商品の予想在庫と実際の在庫を調整し、在庫の損失額または余剰在庫を確認し、各在庫の伝票を保管することができます。

生産品 ー 構成品目だけでなく、生産品目の在庫を記録することもできます。注文時に在庫が減る商品ではなく、ベーカリーなどの様な、販売前に作成して置く商品の在庫を管理するのに便利です。生産品目は、在庫調整と在庫数を使用して店舗間で移動することもできます。

仕入先 ー 商品の仕入れ先を登録し管理できます。

在庫履歴 ー 在庫転送で行われたすべての変更(転送、発注、調整など)の記録を表示できます。

在庫評価レポート ー 在庫の総コストとその売却による潜在的利益を理解することができます。

高度な在庫管理の機能を使用すると、商品の数量と原価の入力方式が変化します。

新しい商品を作成するときは、いつものように価格と原価を記入することができます。 ただし、「在庫」セクションの「在庫数を管理」機能をオンにすると、高度な在庫管理でのみ使用できる追加の項目が表示されます。「主要な仕入先」機能で、商品に特定の仕入先を割り当てて、「初期の仕入価格」を設定することができます。

「アイテム作成」フォーム

変更を保存して編集項目を再度開くと、「原価」の項目が「平均原価」という編集不可能な項目に変更されます。 これは、高度な在庫管理を使用して商品を入荷をするとき自動的に計算されます。

「平均費用」の編集不可能なフィールド

商品を新たに入荷した後の商品原価(新しい原価)は、次のように計算されます。

NewCostの計算

元の在庫数: 入荷前の在庫数
入荷数:新しく仕入れた商品の数
元の原価: 新しく商品を入荷する以前の原価
新規入荷商品の原価: 新しく入荷した商品の原価

この原価の値は、他のすべてのレポートおよび計算で使用されます。

 

こちらも参照してください

発注(購買発注)する

転送オーダー機能について

在庫調整 / 在庫変動について

在庫履歴

棚卸し機能の使い方

商品のラベルを印刷する

購買発注で追加費用を処理する

生産品の使い方